ホーム > グルコサミンサプリで健康&ビューティー生活のすすめ > 膝の痛みなどの関節痛を改善するグルコサミンの効果

膝の痛みなどの関節痛を改善するグルコサミンの効果

膝の痛みをはじめとした関節痛はなぜ起こる?原因を解説

膝の痛みをはじめとした関節痛はなぜ起こるのか?気になる原因について解説。グルコサミンの痛み改善効果についても説明しています。

サプリメント通が選んだ グルコサミン比較ランキング!はこちら

関節軟骨が弱ると膝の痛みなどの関節痛が…

関節痛は、加齢とともに関節軟骨の周辺にある筋肉が落ち、支える力が低下することで起こります。
支える力が低下することで軟骨が弱り、炎症を引き起こしている状態です。

通常は、運動によって関節が使われているときでも、周辺筋肉などの支えがあるため痛むことはありません。
ですが、周辺筋力が落ちたり、肥満で関節への負担が大きくなると、関節軟骨の摩耗が激しくなり痛みを感じるようになってしまいます。

関節痛が悪化すると、痛みが夜中まで続いて不眠につながったり、爪切りやトイレなどでかがむ動作が困難になります。
日常生活に支障をきたす可能性が高くなってしまいます。

膝の痛みなどの関節痛を予防・改善するグルコサミンの効果

関節のスムーズな動きを支えている軟骨は、グルコサミンを原料に、ヒアルロン酸やコンドロイチン硫酸が生成しています。

本来グルコサミンは体内に存在している成分ですが、加齢によって減少していくことがわかっています。
40代に入ると、グルコサミンの生成量は20代のおよそ半分にまで減ってしまうのだとか。

すると軟骨の生成が代謝に間に合わなくなり、摩耗が激しくなって関節痛を引き起こす原因となってしまうのです。

磨耗の激しい状態が続くと、軟骨が元の状態に戻らなくなり、変形関節症を引き起こします。

これまでは、軟骨の摩耗による関節痛は完全な回復が難しいといわれていました。
けれども近年では、グルコサミンを摂ることによって変形関節症の症状が緩和し、改善へと向かう可能性があることがわかっています。

海外の病院では、変形関節症を患っていた人にグルコサミンを摂取してもらったところ、2週間で8割以上の人の症状が改善したという報告が。
グルコサミンを摂取したことで軟骨の表面が滑らかになり、痛みが緩和されたとのこと。
欧米では今日でもグルコサミンを使用した治療法の研究が続けられています。

日頃からグルコサミンをとっておくことで、慢性的な関節痛を和らげることができます。
ただ、忙しい日常生活の中で欠かさず摂取するのは、なかなか難しいもの…。
食生活の改善も容易ではありません。

膝の痛みをはじめとした関節痛の症状改善には、グルコサミンなどの有効成分を取り続けることが第一です。
無理をせず、手軽なサプリメントを活用しながら関節痛の悩みを改善していきましょう。

サプリメント通が選んだ グルコサミン比較ランキング!はこちら

PAGE TOP