ホーム > スッキリ解消!膝の痛みを治す方法ガイド > 正しいヨガで脱・膝の痛み

正しいヨガで脱・膝の痛み

ヨガが膝の痛みにいい理由とは

ヨガやストレッチでも膝痛を改善することができます。膝の周辺の筋肉を強化するためのトレーニング方法を解説しているので、今日からチャレンジしてみましょう。

サプリメント通が選んだ グルコサミン比較ランキング!はこちら

硬くこわばった筋肉を柔らかくするのがポイント

膝の痛みはたいていの場合、膝の周辺部分にある筋肉や腱が硬くこわばってしまうことが原因となっています。これを柔らかく揉みほぐすには、ヨガやストレッチが効果的なのです。

具体的には膝のお皿部分の膝蓋骨を動かしていきます。日常的にお皿部分を使うことによって、膝を支えている大腿四頭筋を鍛えることになります。これにより関節部分の負担が減るので、軟骨がすり減ったり変形関節症になってしまったりするのを防ぎ、膝痛を予防していくことになります。

ヨガでもストレッチでも、ひざのお皿を真っ直ぐに上げるのは意外と難しいですが、意識を集中して、脳に動かし方を記憶させることがポイントになります。

膝痛予防のためのヨガ・ストレッチ法

【3つのヨガポーズで膝の痛みを撃退】

まずは膝を伸ばして足を大きめに開いてください。それから右足のつま先を真横に開き、左足のつま先を斜め左向きにします。そのまま右膝だけを直角にして、重心を真下に。手のひらを床に向け、足を開く方向と平行になるように指先まで真っすぐに伸ばしましょう。

次に仰向けになって寝てください。片膝を胸に引き寄せるようにして両手で支えてみましょう。この時、膝の筋や筋肉をほぐすイメージで、手で膝をぐるぐる回すようにしてください。

さらに両膝を曲げて、右足首を左足の膝の上に重ね、左膝を胸側に両手でゆっくりと引き寄せてみましょう。充分伸びたと感じたら、反対側の足も忘れずに。

【膝痛のためのストレッチ】

片膝を曲げて床に座ります。この時、曲げた脚は太ももにぴったりとくっつけてください。それから上半身を後ろに倒して両肘をカラダの後ろにつけたまま10秒くらい同じ姿勢を保ちます。膝の状態が大丈夫なようならそのまま寝てしまうと、さらに伸びを感じることができます。ポイントは両膝が離れないようにすること。痛みを感じた場合は無理をせずに、伸びを感じたところでストップしましょう。

サプリメント通が選んだ グルコサミン比較ランキング!はこちら

PAGE TOP