ホーム > スッキリ解消!膝の痛みを治す方法ガイド > 無理なく運動を取り入れる

無理なく運動を取り入れる

有酸素運動で膝の痛みを改善に導く

公共放送の某有名番組でもとりあげられた膝の痛みを直す改善方法として、運動療法というものがあります。ここでは“運動”にスポットを当てて解説していきましょう。

サプリメント通が選んだ グルコサミン比較ランキング!はこちら

膝痛の解消にもつながる有酸素運動の効果

膝の痛みの間接的な原因として考えられているのが老化です。膝の骨や周りの筋肉が歳をとるごとに衰えてくるのは自然の摂理。だからといって、どうしようもないと諦めている場合ではありませんよ。

衰えるのを待つばかりでなく、骨や筋肉などの組織を丈夫にしてくれる“運動”をしてみてください。運動をすることでさらに心臓・肺・血管などの心肺機能も高まることで、老化を遅らせることもできます。

そこで膝に良い(老化を遅らせる)運動と言えば、やっぱり有酸素運動でしょう。具体的にはウォーキングやジョギング、サイクリング、水泳、ダンスといった全身運動がオススメです。ただ膝の痛みを持っている人は、ジョギングやダンスなどの膝に負担のかかる運動は禁物。ウォーキングや水泳がベストな選択と言えるでしょう。

膝の痛みがないならばウォーキング。膝への負担が軽く、かつ関節や骨・筋肉を鍛えて膝の痛みを和らげる効果をもつ有酸素運動です。膝の痛みがあるなら、水泳がいいでしょう。泳げなくても水中の浮力を活かした水中ウォーキングも良いです。これなら膝への負担も少なくて済みますからね。

膝に負担のかかる運動による怪我に注意

走ったり、飛び跳ねたりと、膝は重要な働きをしてくれます。それと同時に膝へは莫大な負担がかかってしまうのです。膝の痛みの原因となる怪我は、大きく分けて「スポーツ障害」と「スポーツ外傷」の2種類があります。

スポーツ障害は膝の使い過ぎが原因で、膝に繰り返し力が加わって筋肉に炎症が起こってしまい痛みが発生します。原因としては筋力の低下や栄養不足、準備運動不足などが挙げられます。ですから日頃から膝周りを中心とした下半身の筋力・柔軟性アップに努めましょう。

またスポーツ外傷は骨折や捻挫、打撲などによるアクシデントや事故による突発的な怪我になります。予防は難しいですが、それでもウォーミングアップやクーリングダウン、疲労を蓄積させないことなどで、ある程度怪我をする確率を低くすることができます。

サプリメント通が選んだ グルコサミン比較ランキング!はこちら

PAGE TOP