ホーム > スッキリ解消!膝の痛みを治す方法ガイド > 膝の痛みを防ぐ食事習慣

膝の痛みを防ぐ食事習慣

膝の痛み予防・改善は毎日の食事から

このサイトでも詳しく解説しているように、グルコサミンやコンドロイチンといった成分を積極的に摂っていると、膝の痛み予防や改善につながります。
ここでは膝痛の予防・改善に有効な成分を含む食品をピックアップしました。毎日の食事に取り入れてみてください。

サプリメント通が選んだ グルコサミン比較ランキング!はこちら

膝の痛み予防に有効な成分を摂れる食べ物は?

食事による膝の痛み対策で重要なのは、膝の軟骨を構成する、軟骨の働きを助ける、
骨を強くするといった働きがある成分を摂ること。

ただ、上記のような成分は火を通したり、水で洗ったりといった調理の過程で失われることがあるので、
より効率よく摂取したいのであればサプリメントも活用したいところです。

膝の痛みを予防・改善してくれる成分と、それぞれを摂取できる食品には以下のようなものがります。

  • グルコサミン
    カニやエビの殻・鰻・フカヒレ・動物(豚・牛・鶏など)の軟骨・山芋・オクラ etc
  • コンドロイチン
    鰻・鶏の皮・鮪の目玉・フカヒレ(鮫の散骨)・山芋・里芋・納豆・オクラ・なめこ etc
  • オメガ3脂肪酸(DHA/EPA)
    青魚(鯖・鮭・サンマ・イワシ・ニシン・ブリなど)・くるみ・えごま油・しそ油 etc

日常的に摂取しやすいオクラや納豆等の食材にも、膝の痛み改善に効果的な成分が含まれています。
これに炎症を抑える成分を含んだ、生姜やよもぎ、唐辛子を併せて摂取すると、より効果が高まります。

膝や骨の関節を丈夫にする食生活とは

そもそも、肥満体型の場合は膝に負担がかかってしまいます。摂取エネルギーを減らしながら、肥満を解消することが大切です。
バランスの良い食事を心がけ、肥満を解消し膝への負担を少しでも減らしていきます。
寝る直前の食事を避け、甘いお菓子類やアルコールも控えましょう。
1日3回の食事をきちんと摂り、1日30品目の食材を摂るようにしましょう。

サプリメント通が選んだ グルコサミン比較ランキング!はこちら

PAGE TOP