ホーム > スッキリ解消!膝の痛みを治す方法ガイド > 家庭でできる温熱・アイシング療法

家庭でできる温熱・アイシング療法

膝の痛みに効く温め方と冷やし方

膝の痛みには、温めるべきか、それとも冷やすべきか。そんな疑問を解決できるように、膝の状態にあわせた対処法を説明しています。膝の温熱療法やアイシング治療についても紹介しています。

サプリメント通が選んだ グルコサミン比較ランキング!はこちら

膝の痛みは、温めるべきか?冷やすべきか?

膝の痛みが感じられる時は、温めた方が良いか?それとも冷やすのが最適かどうかという問題は、その時の膝の状態によって対処法が異なります。ですからどちらも正解なのですが、誤って逆の方法をしたときは、痛みが強くなったり、症状が悪化したりしてしまうので要注意。

一般的にみて、捻挫や打撲といった急性の痛みの場合は冷やすべきです。これは局部に急激な負担がかかって炎症をおこしてしまい、血流が増加して腫れや発熱、痛みを引き起こしているのです。こうなると炎症を鎮める必要があり、冷やす必要があります。

逆に慢性的な痛みを伴う時は、温めるようにしましょう。こういう時の痛みは炎症によるものではなく、筋肉は硬くなり血流が阻害されていることが多いようです。膝周りの筋肉に酸素と栄養が行き届かなくなってしまい、結果的に鈍い痛みが発生してしまいます。ですから温めて血流を改善させることが重要なのです。

温熱治療法とアイシング療法

【温熱治療法】

医療機関などではジェル状の温熱剤が入ったホットパックや膝の内側の細胞部分まで温められる電気、超音波・赤外線レーザー等があります。普段の日常生活でもお風呂やシャワーで膝を充分に温めたり、蒸しタオルやカイロ、温湿布を使ったりすることで温熱治療ができます。効いてくると膝周りの筋肉のこわばりがほぐれて、膝の動きが良くなり、痛みも和らぎます。

【アイシング療法】

とにかく熱を持っている膝の部分の炎症の広がりや内出血を抑えるために、患部を冷やします。アイスバックや水か氷が入ったビニール袋を用意してください。この時直接患部に当てると、冷たすぎることがあるので、タオルなどの上から当てましょう。時間は15分〜20分くらい冷やして、適宜インターバルをおくことが大切です。

サプリメント通が選んだ グルコサミン比較ランキング!はこちら

PAGE TOP