ホーム > スッキリ解消!膝の痛みを治す方法ガイド > 膝の痛みに効く外用・内服薬

膝の痛みに効く外用・内服薬

医薬品で効率的に膝痛を解消する

膝の痛みに効く薬は、主に外用薬と内服薬があります。薬ですから効果や副作用などをしっかり理解してから使うようにしてください。

サプリメント通が選んだ グルコサミン比較ランキング!はこちら

外用薬と内服薬による薬物療法で膝の痛みを直す

湿布や塗り薬といった直接膝部分に塗ったり貼ったりする外用薬と口や肛門から体内に摂り入れる内服薬があり、これが膝痛治療に使われる主な薬となります。さらに痛みが強い時は、膝関節内部に薬を注射する方法もあります。

薬ごとに特徴や副作用もかわってきますので、どれを用いるかは、事前に自分の膝の状態を見極めることが肝心です。

膝の痛みに効く薬の種類

【内服薬】

膝の痛みや炎症に効果を発揮します。非ステロイド性抗炎症薬が使われていて、痛みを抑える効果も大きいです。薬によっては解熱作用も期待できるため、膝などの関節痛以外にも頭痛や腹痛も同時に抑えることができます。飲むだけなので手軽ですが、胃痛・胸焼けなどの胃腸障害、食欲不振といった副作用があるため、服用量や使用期間に注意が必要です。心配な方は服用前に医師に相談してください。

【塗り薬】

クリーム剤、軟膏、液剤と様々なタイプがありますが、成分は湿布薬と同じで非ステロイド性の消炎鎮痛薬が使われています。手軽に使えて副作用も少なく、市販もされているので利用しやすいです。内服薬に比べると効果は弱く、塗った部分だけに効果が限られます。その分、膝関節周辺の局所で使用する際は内服薬よりも即効性が期待できます。副作用としては、肌がかぶれることがあるくらいで、内蔵障害といった重いものはまずありません。

【座薬】

膝が強く痛む場合で、即効性を期待したい時に使われます。胃腸を経由しないので早く効き、また副作用が起こりにくい特徴があります。痔や直腸に炎症がある場合は使えません。

【薬物注射】

膝関節内に直接注射器で「ステロイド系抗炎症薬」や「ヒアルロン酸」を流し込みます。外用薬や内服薬では治まらないほど炎症が強い場合に使われます。

サプリメント通が選んだ グルコサミン比較ランキング!はこちら

PAGE TOP