ホーム > 膝の痛みにいい成分特集

膝の痛みにいい成分特集

膝の痛みの予防・改善で注目されている成分は、主に4種類と言われています。それは「コンドロイチン」「ヒアルロン酸(グルコサミン)」「コラーゲン」「ビタミン」が膝の痛みに効く成分です。

これらの成分はサプリメントでの摂取がラクチン。普段の食事から必要な分の栄養を補うのは、とても大変ですからね。ではそれぞれの成分について詳しく解説をしていきましょう。

サプリメント通が選んだ グルコサミン比較ランキング!はこちら

膝の痛みにいい成分を知る!

コンドロイチンとは?(イメージとは)
コンドロイチンとは?

軟骨形成で縁の下の力持ち的存在のコンドロイチン

コンドロイチンとは、軟骨を構成する成分のひとつで、関節にとても関係があります。膝などの関節ばかりか、靭帯や、筋肉の腱などの弾力性を得るために必須の成分です。コンドロイチンが豊富に体内にあると、弾力性や柔軟性が増し、関節のクッションとしての役割を充分果たしてくれます。

コンドロイチンについて詳しく見る

ヒアルロン酸とは?(イメージ)
ヒアルロン酸とは?

膝痛解決に欠かすことができないヒアルロン酸

ヒアルロン酸は膝関節内で潤滑油のような働きをします。関節液などに多く存在し、滑らかさや弾力性を保つ役割を果たします。よくサプリメントにあるグルコサミンは、このヒアルロン酸の一部です。また先にあげたコンドロイチンは、ヒアルロン酸のおかげで体内に留まることができます。

ヒアルロン酸について詳しく見る

コラーゲンとは?(イメージ)
コラーゲンとは?

アミノ酸の結合=たんぱく質。これがコラーゲンの正体です

コラーゲンはいわゆるタンパク質の一種。身体の皮膚や筋肉・内臓・骨・関節・目・髪といった全身の組織に含まれています。主にこれらの細胞をつなぎ留める役割を担っています。タンパク質ですから、その成分はアミノ酸が多数結合したものになります。

コラーゲンについて詳しく見る

ビタミンとは?(イメージ)
ビタミンとは?

神経機能を維持するビタミンの力

膝痛を和らげるためには神経機能や神経細胞を正常に保つことも必要です。そこで効果を発揮する成分がビタミンという訳。なかでもビタミンB1やビタミンB6、ビタミンB12などは、痛み改善に有用な栄養素と言われています。

ビタミンについて詳しく見る

サプリメント通が選んだ グルコサミン比較ランキング!はこちら

PAGE TOP