ホーム > 変形性膝関節症を知る > 変形性膝関節症の症状とは?

変形性膝関節症の症状とは?

変形性膝関節症の症状とは?(イメージ)

変形性膝関節症の症状とは

膝がなんとなくしっくりしなかったり、痛みを感じたりするようなら変形性膝関節症を発症している可能性があります。変形性膝関節症は膝関節の軟骨がすり減り、関節炎や変形によって痛みが発生します。痛む訳ですから、この病気はある程度、自覚症状でわかるもの。自分でもチェックしやすいでしょう。

サプリメント通が選んだ グルコサミン比較ランキング!はこちら

変形性膝関節症の状態をセルフチェック

  • 膝に違和感を感じる(初期段階)

    最も早く現れる変形性膝関節症の症状は、朝起きた時に膝に違和感を感じることです。さらに膝に力がかかると痛くなります。ただこの痛みは長続きすることはありません。この段階ではまだ変形性膝関節症とは言えないかもしれませんが、予備軍なので注意が必要です。
  • 膝の痛みがなかなかとれない(中期段階)

    膝が完全に曲がらなかったり、逆に伸びなかったりする状態です。正座やしゃがむといった姿勢や階段の上り下りが辛くなってくるでしょう。こうなってくると、膝部分に炎症が起きています。膝の周辺が腫れたり、熱感をともなったり、むくんだりしていませんか?さらによく見ると、膝が変形しているのが分かります。また膝部分から嫌な音が出る感じを受けるようになります。
  • とにかく痛みが辛い(末期段階)

    歩行が困難にで、じっとしていても痛みを感じて日常生活に支障が出てしまう状態。こうなると骨の変形がかなり進んでいて、外見上も関節のカタチがかなり変っているのが分かるでしょう。

老化現象も一因となる変形性膝関節症

膝への過度な負担で変形膝関節症になりますが、老化現象も要因のひとつ。歳をとって膝が痛くなった場合はたいてい変形性膝関節症が原因となっています。骨は加齢によっても弱くなっていきます。高齢者ほど骨が弱く、さらに長年の膝への負担の蓄積で、骨がすり減り、変形してしまうのです。

サプリメント通が選んだ グルコサミン比較ランキング!はこちら

PAGE TOP