ホーム > 変形性膝関節症を知る > 膝の痛みー関節リウマチの場合

膝の痛みー関節リウマチの場合

膝の痛みー関節リウマチの場合(イメージ)

関節リウマチの症状と原因を探る

関節に炎症が起き、痛みや変形などの症状が現れる関節リウマチは、炎症が全身に広がって、全ての関節を壊してしまうやっかいな病気です。その症状や原因、治療法などをまとめました。関節リウマチが疑われたら放っておくのは禁物。早めに整形外科医のもとで治療してください。

サプリメント通が選んだ グルコサミン比較ランキング!はこちら

ほおっておくのは危険。関節リウマチの症状と原因

全身の関節に炎症が広がる関節リウマチは、初期症状では、倦怠感、食欲不振、体重減少、発熱となって現れます。それが次第に朝の手足のこわばり、手指関節の炎症を起こし、やがては全身の関節痛、腫れ、こわばり、しびれとなります。

関節リウマチでは、右手が痛い場合は、左手も痛くなるというように左右対称で症状が現れます。末期的な症状では関節組織や軟骨が破壊されて、筋肉が硬くなったり、腱が断裂したりします。リウマチ特有の関節が変形してしまうことになり、こうなるともう日常生活に支障をきたしてしまいます。

この症状の原因は、体内の免疫システムの異常から起こることがわかっています。簡単に言うと、正常なはずの自分の関節を、異常なものと勘違いして攻撃するために炎症が起こってしまうのです。

関節リウマチは発症後2年間が最も進行速度が早くなっています。軟骨や骨の変形・関節の破壊はこの時期に起こります。炎症が起こった滑膜が完全に破壊されて無くなってしまった後は、炎症もおさまり痛みを感じなくなります。ですから関節リウマチが疑われる時は、早期に診断・治療を受ける必要があるのです。

ちなみに関節リウマチを発症するのは30代〜50代の人で、特に女性の患者が男性の3倍くらいいるのも特徴でしょう。

関節リウマチの治療法

薬物療法が中心で、抗リウマチ薬、非ステロイド性消炎鎮痛薬、ステロイド薬などが使われます。これと平行して、患部を動かす運動療法、温めて血行を良くする温熱療法、ギプスなどで関節を固定する装具療法などを併用して治療していきます。

サプリメント通が選んだ グルコサミン比較ランキング!はこちら

PAGE TOP