ホーム > 変形性膝関節症を知る > 変形性膝関節症の原因

変形性膝関節症の原因

変形性膝関節症の原因(イメージ)

変形性膝関節症の原因を探る

軟骨は年齢を重ねたり、激しい運動をしたりするとすり減ってしまいます。関節を保護する軟骨がすり減ることで膝が痛み出していくことが、変形性膝関節症の主な原因です。このページではさらに詳しく変形性膝関節症の原因について探ってみます。

サプリメント通が選んだ グルコサミン比較ランキング!はこちら

膝が痛くなるのは、ふたつの要素があった。

実は変形性膝関節症には一次性と二次性に原因が分けられます。一次性のものは様々な要因が絡み合うことで膝への負担が発生して起こります。二次性の原因としては、怪我や病気によるものと言えるでしょう。

  • 一次性変形膝関節症の原因

    ・加齢による筋肉の衰え
    ・関節軟骨の減少
    ・肥満
    ・スポーツなどで膝への負担増
    ・ハイヒールや足にあわない靴による膝への負担
    ・O脚や扁平足
  • 二次性変形膝関節症の原因

    ・膝周辺の骨折による関節軟骨の損傷
    ・靭帯や半月板の損傷
    ・膝蓋骨の脱臼
    ・膝関節の捻挫
    ・慢性関節リウマチ

変形性膝関節症になりやすい人の特徴

一般的には60歳以上の男性の20%、女性の40%の人が変形性膝関節症と診断されています。これが80代ともなると、その割合は更にアップ。つまり年齢を重ねると共に変形性膝関節症になる割合が高まることが伺えます。ですから中年以降の更年期へとさしかかった方は、自分の膝の状態を一度調べてみてください。

さらにこの数字を見ても女性の方が変形性膝関節症にかかる割合が多いことが分かるでしょう。全ての人が加齢と共にこの病気を患う可能性をもっていますが、特に注意したい人がいます。

もしこのサイトを見ている方が女性でO脚であり、肥満傾向にあるなら要注意してください。女性は加齢とともに骨粗しょう症になりやすく、またO脚だとしたら膝の内側により負担がかかりやすくなってしまうためです。肥満が膝に与える影響は言わずもがなですね。日本人の変形性膝関節症は、90%近くが膝の内側により強い変形が見られるという調査結果もあります。

変形性膝関節症に対する疫学調査より

サプリメント通が選んだ グルコサミン比較ランキング!はこちら

PAGE TOP